• HOME
  • Workshop
  • 中西敏貴×三村漢 Workshop
 自然風景の捉え方

中西敏貴×三村漢 Workshop
 自然風景の捉え方

・概要

若いうちから自然や風景に向き合うことを伝えたい。そういう思いからこのワークショップを開催します。自然をモチーフに作品制作を続けている写真家と多くの自然写真を見てきたデザイナーの二人の視点だからこそ伝えられることがきっとある。自然や風景をどのように見つめていけばいいのかをしっかりとお伝えします。

座学とレビューをメインに、それぞれの作品の方向性についてアドバイスしていきます。
リアル受講を基本としますが、オンライン受講も可能です。オンライン参加の場合は各回の授業開始までにプリントをお送りいただきます。

・対象

自然や風景をモチーフとして撮影している方で年齢が30歳以下。プロアマは問いません。

全5回

・スケジュール

第1回2021/7/23(金)祝日 18:00〜20:00
風景写真論その1 作品レビュー
第2回20201/8/22(日) 19:00〜21:00風景写真論その2 作品レビュー
第3回2021/9/20(月)祝日 14:00〜16:00
写真の歴史 作品レビュー
第4回2021/10/17(日) 18:00〜20:00組写真の考え方 作品レビュー
第5回2021/11/28(日) 18:00〜20:00コンセプトを練る 作品レビュー

※講座の進行状況によりカリキュラムを変更することがありますのでご了承ください。 

・受講料

全5回 合計 33,000円 (税込)
※受講料は銀行振込一括払いでのお支払いとなります。

・開催場所

Apprecie Academy(横浜市都筑区)

・募集人数

10名(最小催行人数5名)

・講師

中西 敏貴 Toshiki Nakanishi

 

1971年大阪生まれ。
写真家。在学中から北海道へと通い続け、2012年に撮影拠点である美瑛町へ移住。そこに住まう者としての視点を重視し、農の風景をモチーフに作品制作を続けてきた。近年は、風景を情緒ではなく造形的に捉えることによって、そこに潜む気配を浮かび上がらせるシリーズに取り組む。また、その撮影フィールドは海外にも向けられ、風景だけでなくそこに暮らす人々にも意識が拡張している。

URL : www.toshikinakanishi.com
日本風景写真家協会会員、日本風景写真協会指導会員、
Mind Shift GEARアンバサダー、Haglöfsフレンズ

 

三村 漢 Kan Mimura

1978年横浜生まれ。
アートディレクター・装丁家。1978年横浜市生まれ。三村淳デザイン事務所を経て、2008年niwanoniwaデザイン&編集事務所設立。写真集や装丁、広告デザインや写真展構成、ブランドのアートディレクションなど。写真ディレクションを得意とし、企画から印刷、販売まで関わることで、残るデザインの作り方を提唱。 主な作品に、星野道夫『星のような物語』、植田正治『小さい伝記』、清水哲朗『New Type』、中西敏貴『ORDINARY』『Kamuy』他、など装丁・写真集多数。ナインギャラリー主宰。 

URL : http://www.niwanoniwa.com
日本大学藝術学部写真学科講師・カロタイプ講師